見出し・中

こんばんは、三好です。

先日、都内での仕事の帰りに東京タワーの前を通った

際、ライトアップが綺麗だった為、思わずカメラを手にとりました。

東京タワーのライトアップは夏と冬で色味が変わり、

夏は涼し気の「白」を基調とし、冬は暖かみのある

オレンジがメインとなります^^

9月の終わりともなると、暖色が落ち着きますね。
暑さ寒さも彼岸までと言いますが、この時期になると日が暮れるのが早くなりました。

古代から灯りは、夜道を照らしたり、神事に使われたり人の生活と常に密接に

あったものです。

「焚火」から始まり、西洋ではランプ、蝋燭、日本では灯台、行灯など発展

してきました。

浮世絵で行灯が描かれているのはよく目にしますね^^

今でこそ日本庭園にデザインとして設置されている「灯篭」もかつては

暗い庭を歩く為の照明として使用されてきました。
 
夜の灯りは幻想的で美しいだけではなく、人に安心感を与えます^^

日本にライトアップが広がったのは1963年に竣工した神戸ポートタワーからだそう。

今日ではライトアップは夜間景観を演出するには欠かせないものですね^^

写真は弊社でのライトアップ施工事例です。

足元ライトなど利便性はもちろんの事、水の流れや樹木を照らす事で

昼間とは違う景色を魅せてくれます。

特にモミジなどの落葉樹は透過率が高いので光が映えますね^^

庭工事の際には是非、照明も検討にいれてもらえると良いと思います^^




 

GLOBENIWAOINUI FUSIONHU丸ハ吉田木工Gテリア株式会社new moral standardJAGmakeland

(c)angyoteien.com